« Vol.3 空港アート@中部国際空港 | トップページ | Vol.5 東北・猪苗代のヴィクトリアンタイル »

2008年11月27日 (木)

Vol.4 イギリス・タイル紀行

本日は2007年0号(創刊準備号)『タイルの本』より、イギリス・タイル紀行をご紹介します。

イギリスには、ヴィクトリアンタイルなるものがあって。

産業革命によって生まれた中産階級が、自宅などの装飾にこぞってタイルを使用したらしく、それがヴィクトリアンタイルという「装飾する魂が、タイルを使って大爆発した時代」を生んだんだそうな・・・

産業革命のときに在位していた女王ヴィクトリアの名前にちなんで付けられたみたい

ヴィクトリアンシティと呼ばれる所もあって、曰く、「ヴィクトリア時代の建物が町並を形成している街」で、マンチェスター、バーミンガム、グラスゴーなどなど。

こちらはそのマンチェスターのペベリル オン ザ ピーク なんと!建物もタイルも当時のまま!

070

イギリスといえば、ガーデニング留学する人もいるみたいですけど、ガーデニングもこのころから始まったんだそうです。あと、デパートができ始めたのもこの頃なんだって

デパートのハロッズO70

なんか、ロイヤル~

そして、著者もビックリな凄タイルは、このハロッズの中に・・・

070_2 ←こちら。  ハロッズのフードホール(食料品売り場)。

「旅は終わりに向かっていた。マンチェスターからの帰り道、通訳の人が思い出したようにつぶやいた。『そういえばハロッズのフードホールに素敵なタイルが貼ってあった。とてもきれいだったことを思い出した。』・・・足を踏み入れて、慄然と立ち尽くした。なんと、タイルの園、すべてタイルが貼られている。そのきれいさ、華麗さ、豊かさ、圧倒的なタイルの空間に、呆然となった。」(以上カッコ内本文より引用)

本誌には、半ページの大きさで、ハロッズフードホールの写真が掲載されています。

「思い出したようなつぶやき」によって遭遇したのが、旅のハイライトっていうのが、旅情を誘いますよね。

圧倒的な感動は、自分の予想外のトコロにこそあるのかも・・・

本日のブログ:2007年0号『タイルの本』特別寄稿「イギリス・タイル紀行~装飾の華/INAXライブミュージアム館長・辻 孝二郎氏」より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2008 タイルの本編集室㈱ printed in Japan

|

« Vol.3 空港アート@中部国際空港 | トップページ | Vol.5 東北・猪苗代のヴィクトリアンタイル »

特集~紀行編」カテゴリの記事

コメント

旅先での思いがけない出会いって忘れられませんね。
私も、そんな旅行をしたい。

投稿: モンゴ | 2008年12月 1日 (月) 18時02分

そうですね~旅の醍醐味ですよね。イギリスに行きたくなります
ハロッズのような建物が並ぶ街並みはイギリスを紹介するときにチラっと必ず映りますよね。それが産業革命によってできたヴィクトリアンスタイル=中産階級の文化だったとは知りませんでしたあ、でもそれは内装のことなのかしら?これは詳細を『タイルの本』で見なければですね
まっさきにイチオシしそうな凄タイルなのに、「そういえば」なんて、カッコいい~

投稿: おはな | 2008年12月 3日 (水) 14時14分

おはなさん、ハロッズの外装はすべてテラコッタ(やきもの)で出来ていて、建立は1901年だそうですよ。(本誌より。)
ちなみに、ハロッズの外装については「遠目で見てもすごさが伝わってくる。・・・大きなものから、細工の細やかなものまで、すべてやきもの=テラコッタで仕上げられているのには感動した。日本のテラコッタ建築も知っているが、スケールが異なる。」(以上、本誌より引用)
凄いものっていうのは、細かなところまで妥協がないというか、細部までこだわり抜かれているのというか、そういうものなんでしょうねえ・・・
モンゴさん、初コメントありがとうございます
これからもちょくちょく覗きに来てくださいね~&コメントもくださいね~

投稿: マナ | 2008年12月 3日 (水) 23時06分

明けましておめでとう!
そして、ここでは初めまして。やって来ましたよ
私は誰かというと、あなたと週に1・2回会っている
3人きょうだいの一番上の者です。
今年もどうぞよろしくね

ヴィクトリアンタイルってすごいね
こういった所から視点を変えて歴史を勉強するのも面白そう。

投稿: ととじ | 2009年1月 1日 (木) 22時24分

ととじさん、初コメントありがと~
しかも元旦にいらしてくれたのね。
私は三が日はネットはお休みしてました・・・
何はともあれ、これからもぜひぜひ、ちょくちょく遊びにきてね&コメントもよろ~
ヴィクトリアンタイル、きれいですよね。
タイルのデザインとか、ととじさん好きそうな感じと思います。
今年もよろしくお願いします

投稿: マナ | 2009年1月 4日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.4 イギリス・タイル紀行:

« Vol.3 空港アート@中部国際空港 | トップページ | Vol.5 東北・猪苗代のヴィクトリアンタイル »