« vol.12 やきもののかみさま?! | トップページ | タイルっていつからあるの? »

2009年1月30日 (金)

生活と芸術-アーツ&クラフツ展に行って来ました♪

只今、東京・上野の東京都美術館で開催中「生活と芸術-アーツ&クラフツ展~ウィリアム・モリスから民芸まで」(~4月5日まで)に先日行ってきました。

平日に行きましたが、老若男女、なかなかの人だかり人気を物語っていますね

ウィリアム・モリス(1834-96)は、ヴィクトリアン時代のイギリスに生きて、生活の中の美を提唱し、産業革命によって工業化と大量生産が進むなか、デザインの美しさ・手仕事の美しさを追求しました。

彼のその活動は、アーツ&クラフツ運動としてイギリスに、ヨーロッパに、そして日本に広がっていきます。

植物や果物の、丸みを帯びたパターンが繰り返される美しいデザインの壁紙カーテン、手織りのタペストリーステンドグラス家具食器、刺繍の施されたベットカバークッションカバー、本の装丁に飾り文字、そして、タイル

展示品の中のタイルの数自体は少ないですが、ウィリアム・モリスのデザインとアーツ&クラフツ運動が、ヴィクトリアン・タイルの発展とデザイン性に与えた大きな影響を、色々なものたちを通して感じることができます。

「日本の近代タイルのルーツは、輸入されてきたヴィクトリアン・タイルにある」という話も聞きますから、ヴィクトリアン・タイルなしに日本のタイルは語れない。そして、アーツ&クラフツ運動ウィリアム・モリスなしに、ヴィクトリアン・タイルは語れない。と言ったところでしょうか

日本では、アーツ&クラフツ運動民芸運動(無名の職人の手仕事の美を讃え、日常生活の美を追求する運動。柳宗悦など。)として広がっていきます。

民芸運動の美の集大成ともいえる、「三国荘」の再現は必見です。暖炉のタイルがステキでした

ところで、以前このブログでも触れました、加瀬亮さんが左官屋を演じる連続ドラマ「ありふれた奇跡」(フジ)の第4話の放送が、1/29(木)夜10時~ありました。

加瀬さん演じる田崎くんの部屋が昨日映し出されたんですが、なんと、ドアや壁がウィリアム・モリスの壁紙デザインで埋めつくされていました

田崎くんは、何でも「800年間支配されていたアイルランドに惹かれる」と言うことで、本棚にはケルト文化に関する本が並び、アイリッシュダンスをヒロインの仲間由紀恵さんと踊るシーンも

ドラマの主題歌を歌うのがアイルランドのエンヤさんという、「アイルランド」繋がりも面白いけれど、まさに民芸運動で言うところの「無名の職人」左官屋である田崎さんが、民芸運動のルーツであるアーツ&クラフツ運動ウィリアム・モリスをスキだ、というところにロマンを感じたのでした

ブログ内の「ヴィクトリアン・タイル」に関する記事は・・・

vol.4 イギリス・タイル紀行

vol.5 東北・猪苗代湖のヴィクトリアンタイル 

|

« vol.12 やきもののかみさま?! | トップページ | タイルっていつからあるの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ウィリアム・モリス翔太さんの部屋にありましたね~。純和風の畳敷きの部屋に、ペルシャ風の絨毯が敷いてあって、ふすまや壁にウィリアム・モリスの壁紙デザインがパッチワークのように貼られていて
「ありふれた奇跡」の脚本家の山田太一さんがドラマのホームページで、ドラマの左官屋さんの仕事は塗装や壁紙で隠れてしまう部分、そういう仕事はたくさんあるけれども、好き好んでやろうとする若者は少なくなってきているようで、それで描いてみようと思った、と書いていました
毎日の手仕事(仕事)や生活を愛しんで、そこに他の誰かではなく自分自身が美しさを見出していくことで、アーツ&クラフツは始まるのかもしれませんね

投稿: おはな | 2009年2月 4日 (水) 15時49分

しょうたさんのおじいさんだったかな、
「俺たちの左官は、塗装や壁紙で隠れてしまうところなんだ」と言っている場面が、そういえばありましたね
私の友人で、電気の配線工事をしてる人がいて、彼が言うには、
電気ってどんな建物を建てるにも絶対必要なもので、工事の最初の部分から入るんだそうです。
でも、電気の配線こそ、目に見えないというか、いかに隠すか、というのが大事な部分なんですよね。
でも、無くてはぜっーーーーたいに困る、という。
「他の誰かではなく自分自身が美しさを見出す」・・・
アーツ&クラフツですね

投稿: マナ | 2009年2月 5日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活と芸術-アーツ&クラフツ展に行って来ました♪:

« vol.12 やきもののかみさま?! | トップページ | タイルっていつからあるの? »