« 加瀬亮の左官屋 | トップページ | 左官職人とタイル職人 »

2009年1月13日 (火)

Vol.10 タイルのいえin奄美

「この冬一番の寒さ!」なんて声が、毎日のようにテレビのお天気コーナーで聞かれる季節になってきましたね。サムイサムイ

こんなときに思い描く、憧れの場所と言えば・・・

やっぱり南国ですよね~

今日は、雄大な自然が残る南国奄美大島にある「タイルのいえ」を特集した記事のご紹介です。

 ペンションふうのお洒落な白いいえ

088_2 こちらは、奄美のタイル職人、三腰さんの住宅です。

三腰さんは、この道40年の大ベテラン。

「60歳になったらタイル施工の最前線からは身を引いて、奄美の紺碧の海の見える渚に内外装をタイルで埋めつくした家を建て、自給自足で悠々自適な生活をする」夢を叶えて建てられたのが、こちらのステキないえです。

外装は白の全面タイル張り。内装もタイルづくしです・・・088_2_2

しかも、なんとバリアフリー設計。

雑誌のスキャン画像なので、あまり綺麗にわからないんですが、色使いも、全体的にとても開放的です。

奄美の碧い海と空に映えそうな、すてきな白いタイルのいえです。

 和風でシック、モダンな現代建築

088_3 こちらは、三腰さんがタイル施工を手がけたO邸。

シックでモダンで、「白いいえ」とはまた違った味わいがありますよねえ

088_4 ←これは、中庭の壁。「石積調ボーダータイル」というのを使って、和の雰囲気を出しているんだって。

しかも、(またまた、このスキャン画像ではよくわからないんですが)上から水が流れていて、夜にはライトアップされるとか。

088_4_2 ←こちらはテラス。

階段とテラスに使用されている、やさしいピンクベージュのような色合いのタイルは、玄関や中庭、居室の一部床・壁にも使われていて「建物全体に通底する美しいトーンを奏でて」います。

タイルのいえin奄美、いかがですか

先日、本屋でカーサブルータスをパラパラ見ました。

『最強・最新!住宅案内2009』とあって、さてタイルはどれ位使われているかしら・・・と思って見てみたんですが。

ほとんど、ない。いや、全くなーい(立ち読みなので断言出来ませんが。)

奄美の三腰さん。「こうした住まいづくりがユーザーから求められるようになると、タイルの出番ももっと広がってくると思うのですが・・・」

本日のブログ:2008年8月号『タイルの本』「巻頭カラー特集 奄美大島のタイルづくしの住まい-南海の離島で奮闘するタイル屋さんの仕事から【三腰邸】【O邸】」より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan

|

« 加瀬亮の左官屋 | トップページ | 左官職人とタイル職人 »

特集~紀行編」カテゴリの記事

コメント

奄美のタイルの家、圧巻ですね!
最近、家のタイルは少ないですが、ショップではたくさんタイルを使ってますね。
昨年、西宮にオープンした阪急西宮ガーデンズでは、タイルをインテリアに使ってる店が結構ありました。
シャンデリアとともにタイルもはやるかも

投稿: まちびと2 | 2009年1月13日 (火) 23時29分

そういえば、
”海外のインテリアトレンドは、
日本では、まず店舗から取り入れられて、
しばらくしてから住宅にくる。”
という話が、9月号『タイルの本』の
「最新のタイルデザイン事情」にありましたね~
フムフム。
ショップのデザイン傾向、
要チェックですね!

投稿: マナ | 2009年1月14日 (水) 22時16分

いやー。タイルの家、めっちゃいい!!コレ、きますよ★世間の人はまだまだタイルの魅力に気づいてないけど、私徐々に気付き始めました♪写真を見ているだけで癒されました!私もタイルの家に住みたいっ☆

投稿: みー | 2009年1月18日 (日) 23時02分

コレ、きますかね★
私も、タイルの魅力に徐々に気付かされていっている最近です。
また覗きに来てくださいね

投稿: マナ | 2009年1月20日 (火) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.10 タイルのいえin奄美:

« 加瀬亮の左官屋 | トップページ | 左官職人とタイル職人 »