« vol.15 建物の・・・カケラ?! | トップページ | vol.17 リーチと岸田劉生と1億円 »

2009年3月16日 (月)

vol.16 工夫をこらしたタイルが光る!ビッグサイトの展示会

3月3日(火)~6日(金)まで、東京ビッグサイトで展示会がありました!

毎年この時期、東京ビッグサイトでは「JAPAN SHOP」や「ライティング・フェア」などのいくつかの展示会を一挙に開催する大きなイベントをやっています。

タイルのメーカーや商社も、「建築・建材展」という建材の総合展示会に各社出展しています。

私も、大雨のなか、最終日の6日(金)に行ってみました。

だし、なんてったってこの不況のなかだし・・・と思いながら出掛けたのですが、予想に反して多くの人で賑っていました

タイル関係の会社もたくさん、しかも、各社すごく工夫を凝らした展示で、とてもオドロキ&感動しました

岐阜県多治見市は、タイルメーカーがたくさん集まっている日本のタイル産地なのですが、その辺りのメーカーが集まってつくる「セラミックタイル美濃」のスペース一帯は、まさにタイル天国()さながら。

「建築・建材展」の入り口に位置し、とても目立っていましたよ~

私の個人的なハイライトは、タイルでケーキやチョコレートといったお菓子をかたどり、一見するとタイル展示とはわからないフシギなブース。

「なんでお菓子」と不思議でまじまじと見ていると、説明員の方が近寄って来られました。

「あのー、これは、タイルでケーキ屋さんのディスプレイも出来るよ、ということをアピールしているんでしょうか・・・」とトンチンカンなことを聞く私

説明員の方は、「スイーツって、生きていくのに絶対必要なものじゃない。でも、きれいで楽しいし、おいしいし、生活を豊かにしてくれますよね。タイルも同じじゃないかと思って。そういうことで、タイルをスイーツにかたどってみました。」とすばらしい説明をしてくれました。

なるほどね~

他にも、いろいろと、ほんとうに楽しいタイルが目白押しの展示会でしたよ。

昨年の展示会のようすが、2008年4月号のタイルの本に載っていますのでいくつかご紹介。085_3 085_4 085_5

さて、今年はどんなブースが紹介されるのでしょうか・・・???

本日のブログ:2008年4月号『タイルの本』「タイルのある風景4 街並みに、暮らしに・・・新たな魅力を発信する~美濃焼タイル 建築・建材展 セラミックタイル美濃2008」より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan。

|

« vol.15 建物の・・・カケラ?! | トップページ | vol.17 リーチと岸田劉生と1億円 »

タイルのある風景」カテゴリの記事

コメント

東京ビックサイト、すごいですね!

「まさに天国」って表現に感動しました!!けっこうファンですね。
ぜひいちど、岐阜県多治見市に行ってみてください。かんどうしますよ(◎´∀`)ノ

投稿: まちびと2 | 2009年3月20日 (金) 23時10分

けっこうファンなんですかね(。・w・。 )
多治見市はなにがおすすめですか?
やっぱりあれだけタイルメーカーがあると、街並みが違うんでしょうねえ

投稿: マナ | 2009年3月22日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.16 工夫をこらしたタイルが光る!ビッグサイトの展示会:

« vol.15 建物の・・・カケラ?! | トップページ | vol.17 リーチと岸田劉生と1億円 »