« vol.18 チュニジアン・タイル | トップページ | 今週末のお出かけ情報♪タイル関連のイベントin新宿 »

2009年4月21日 (火)

vol.19 青い海の誘惑タイル~『タイルの本2009年2月号』より

今回ご紹介するのはこちらの建物。092

こちらは大分県の別府市中央公民館(別府市公会堂)。

昭和3年(1928年)竣工で、吉田鉄郎さんという建築家の設計。歴史ある建物ですね

外装は、当時流行っていた「スクラッチタイル」という、表面をつげグシで引っ掻いたような表情のタイルが張られているそうです。

この「スクラッチタイル」は、フランク・ロイド・ライトという建築家が帝国ホテルに採用したのをきっかけに日本中で大流行していました。(このあたりのお話は、2009年4月号『タイルの本』の「建築探偵のタイル観察/藤森照信氏」に詳しいですよ

「しかし、別府市公会堂の場合はライトの影響とはいい難い、と私は思う。吉田はライトを熟知していたはずだが、ここでスクラッチタイルを採用したのは、北欧の煉瓦の粗野な表情を欲していたからではないだろうか。」

吉田鉄郎さん、北欧スウェーデンの建築家・エストベリ設計の、煉瓦づくりのストックホルム市庁舎に影響を受けていたらしいです

さて、この別府市中央公民館のなかに、『タイルの本』2009年2月号の表紙にもなっている、「青い海の誘惑タイル」があるんです。

092_3 

青い布目のタイル、おもしろいですよね。建物の中に実際どのように張られているかというと・・・

092_4

こんな感じ。

扉の装飾もステキ

ちなみに、吉田鉄郎さんが影響を受けたというストックホルム市庁舎、内部には湖の女神を描いたモザイク大壁画があるんですって。

「吉田がそれを意識してここに鮮やかな青いタイルを用いたのか、それは知る由もない。私は別府市公会堂屋上から見た別府湾の鮮やかな青色が、このタイルと呼応しているように思えてならなかった。」

やきものって、光が当たっててらてらと輝くのが、水面に光が反射してきらきらときらめくのに似ていますよね。

「青い海の誘惑タイル」なんていう魅惑的な名前のタイルがあったら、ぜったい買っちゃう

本日のブログ:2009年2月号『タイルの本』「新タイル建築探訪14 別府市中央公民館(別府市公会堂)―青い海の誘惑/大阪歴史博物館学芸員・酒井一光氏」より抜粋・引用・転用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan。

|

« vol.18 チュニジアン・タイル | トップページ | 今週末のお出かけ情報♪タイル関連のイベントin新宿 »

新 タイル建築探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.19 青い海の誘惑タイル~『タイルの本2009年2月号』より:

« vol.18 チュニジアン・タイル | トップページ | 今週末のお出かけ情報♪タイル関連のイベントin新宿 »