« vol.20 タイルde考古学―『タイルの本』2008年4月号より | トップページ | vol22.あたたかなモザイク壁画―『タイルの本』08年11月号より »

2009年5月28日 (木)

vol.21 めじのはなし。―『タイルの本』2008年6月号より

本日は、『タイルの本』08年3月号から連載が続いているコラム「タイルよもやま話」の1編をご紹介したいと思います。

08年6月号の「タイルよもやま話」の見出しは、「ネット貼りと目地」。

コラムニストは、東京新宿にできた日本化成社屋に施された左官職人・挟土秀平さんの仕事に「このような目地の使い方もあるのだ!」と感嘆したという出来事から、タイルの目地に思いを馳せます

ちなみにその左官仕事とは、「カラフルな100角日干し煉瓦に出っ張った目地」というものだそう。見たことないですけど、ちょっとオモシロそう~

タイルの目地は、「タイルのネット貼りや大型化によって、単なる間充材に堕している」となげくコラムニスト。

私は先日、モザイクアート体験をしたのですが、目地を詰める前と詰めた後って、ぜんぜん作品の印象が変わるんですよね~

目地を表情の一部にしている商品もあって、『タイルの本』08年8月号では表紙を飾っています。下参照。(名古屋モザイク工業の「麻の葉」という商品)

この商品は、海外でも人気があるそうですよ

088

あと、「盛り上げた目地」といえば「なまこ壁」ですね。

Photo

この「なまこ壁」も、「漆喰を盛り上げた目地に美的な目的とは別に、防火・防水の機能があることを知り、挟土氏の目地が単なるデザインだけから生まれたものではないことを知りました」ということです。へえ~、昔の人の知恵ですよね~

タイルにも「目地にどのような機能と意匠性を持たせられるか、より真摯な取り組みが火急の要」と語るコラムニストです。

このコラム、1ページの半分という短さながら、ぐっとスパイスが効いていてオススメ

タイルから社会を見、社会からタイルを見る目がやしなわれます

本日のブログ:『タイルの本』08年6月号「タイルよもやま話4」より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan

|

« vol.20 タイルde考古学―『タイルの本』2008年4月号より | トップページ | vol22.あたたかなモザイク壁画―『タイルの本』08年11月号より »

タイルレポート」カテゴリの記事

コメント

「タイルよもやま話」渋い!!
プロっぽいですね!

それにしても、なまこ壁の土蔵の写真、きれいです。
なまこ壁って、こってりしすぎてしまうものもありますが、この写真のものは適度に抑揚がきいてますね。

投稿: まちびと2 | 2009年6月 2日 (火) 22時41分

「タイルよもやま話」、シブいですよね。
シブいい~ですね。

写真のなまこ壁は、倉敷の大橋家住宅という中にあったものです。
そう言われてみると、すっきりと上品な感じのするなまこ壁ですね~

投稿: マナ | 2009年6月 5日 (金) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.21 めじのはなし。―『タイルの本』2008年6月号より:

« vol.20 タイルde考古学―『タイルの本』2008年4月号より | トップページ | vol22.あたたかなモザイク壁画―『タイルの本』08年11月号より »