« vol.21 めじのはなし。―『タイルの本』2008年6月号より | トップページ | vol.23 エコなしっくいタイル-『タイルの本』09年1月号より »

2009年6月 6日 (土)

vol22.あたたかなモザイク壁画―『タイルの本』08年11月号より

「このモザイク壁画は日本のモザイクとしては1、2を争う傑作である。」という一文で始まる、ホテルロビーの大きな壁画を今日はご紹介します。

大きさは、約60㎡ ・・・と言っても、果たしてどれくらい大きいのか、ちょっと想像がつきませんよね。

全景はこんな感じ

0811

大きいですねえ そして、なんだかとても楽しげで、あたたかい感じのするモザイク壁画だと思いませんか??

では、ちょっと近寄って、部分を見てみましょう

0811_2

雑誌掲載の写真だと、色味がもっと鮮やかで、力があります。

モアイ像みたいなお顔と、鮮やかな発色が、なんだかほっこりさせてくれます

0811_3

コレは・・・この右側の、顔のあるコレは何なんだろうか 

なーんか、かわいくってイイですよね

部分を見たあと、もう一度全景写真を見ると、この1個1個のちらばっている柄はどんなのなんだろう??と気になってきますよね

この壁画があるのは、名古屋のウェイステンナゴヤキャッスルホテルという所。

07年に改装で、このモザイクの前に新たな壁を設置したそうで、残念ながら、今この壁は実物を見ることができないんです~

でも、「トルコのイスタンブールにあるアヤ・ソフィア大聖堂はイスラム教徒の支配を受けたとき、キリスト教の図像を描いたガラスモザイクが・・・漆喰で塗りつぶされた。しかし後年漆喰壁を取り除いて、いくつかのモザイクが助け出された。壁に覆われていても再び日の目を見るチャンスはある。」と希望を捨てない筆者です

この壁画の下絵を描いたのは、脇田 和さんという画家

下絵だけではなくて、制作にも積極的に参加、頑張りすぎて体調を壊すほど没頭したそうですよ。すごい情熱です

作家と制作メンバーの情熱が込められて、「1、2を争う傑作」と言われる、魅力ある作品が生まれたのでしょう

いつかまた、ロビーに再登場して、ホテルの「顔」となる日がくるといいなあ。。。

本日のブログ:『タイルの本』08年11月号「モザイク建築ラビリントス⑧ウェスティンナゴヤキャッスルホテルロビー壁画/モザイク作家・喜井豊治氏」より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan

|

« vol.21 めじのはなし。―『タイルの本』2008年6月号より | トップページ | vol.23 エコなしっくいタイル-『タイルの本』09年1月号より »

モザイク建築ラビリントス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol22.あたたかなモザイク壁画―『タイルの本』08年11月号より:

« vol.21 めじのはなし。―『タイルの本』2008年6月号より | トップページ | vol.23 エコなしっくいタイル-『タイルの本』09年1月号より »