« vol.24 タイル+異素材=モザイクアート-『タイルの本』09年5月号より | トップページ | おめでとう!!「シュート・ザ・クロウ」 »

2009年7月 6日 (月)

vol25 フィン・フィン・フィンランド♪のタイル~『タイルの本』09年6月号

「北欧・フィンランドの夏は短いが美しい。7月、空は抜けるように青く高く、樹木や草花はキラキラ輝く。」

今日は『タイルの本』最新号より、一気にフィンランドに飛んで行きたくなるような印象的な一文で始まるフィンランドタイル紀行をお届けします

全4Pのフィンランドタイル建築紀行のトップを飾るのは、フィンランドを代表する建築家アルヴァ・アールトのコエタロです。

コエタロ(koetalo)とは、何だかかわいい名前ですが、翻訳すると「実験住宅」。

アールトは、短く美しい夏を楽しむための別荘を、コエタロとして、さまざまなアイデアを試したようです。

096_2

上はコエタロの外観、下は、いろいろな形態のれんがやタイルがまさに「実験」されている中庭だそう。

その右側にちょっと見える鮮やかな青のタイル。

青と白は、「湖の青さと雪の白さ」を表すフィンランドのナショナルカラーで、アールトもそのカラーはよく使っていたんだそうですよ

特集にはほかにも、アールトがよく用いたというかまぼこ形のタイルを使った建築や、大学・役所のタイル空間、また、フィンランドの伝統的な磁器メーカー・アラビア(現イッタラグループ)やカイ・フランクがデザインした国民的人気の食器シリーズなどの写真と文で、フィンランドにプチ旅行した気分に浸れます

写真から感じるのは、整然としたデザインに、どこか爽やかさや楽しさ、明るさといった雰囲気があるなあ、ということ。

記事の筆者は、それを「健やかなモダンデザインの精神」と呼んでいます。

女優の小林聡美さん、もたいまさこさん、片桐はいりさんが、ヘルシンキで食堂を営む女性たちを演じた映画「かもめ食堂」。

あの映画も、凛とした中にほんわかとあたたか味のある不思議な雰囲気でしたが、なるほど、フィンランドの精神を映し出していたんですね

行ってみたいな、フィンランド~

本日のブログ:『タイルの本』09年6月号「モダニズムデザインの国・フィンランドのタイル建築/橋寺 知子氏」より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan

|

« vol.24 タイル+異素材=モザイクアート-『タイルの本』09年5月号より | トップページ | おめでとう!!「シュート・ザ・クロウ」 »

特集~紀行編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol25 フィン・フィン・フィンランド♪のタイル~『タイルの本』09年6月号:

« vol.24 タイル+異素材=モザイクアート-『タイルの本』09年5月号より | トップページ | おめでとう!!「シュート・ザ・クロウ」 »