« vol.26 節水便器のグローバルスタンダードは?~『タイルの本』09年7月 | トップページ | 月9ドラマ『ブザー・ビート』のタイルがスゴイ!! »

2009年8月30日 (日)

vol.27 もうすぐオープン!三菱一号館~『タイルの本』09年7月号

『タイルの本』09年7月号に掲載の、東京・丸の内に復元されたレンガ建築「三菱一号館」。

鹿鳴館建築などで知られる英国人建築家、ジョサイア・コンドル設計で明治27年(1894年)に竣工した赤レンガ建築物の復元プロジェクトです。

明治の竣工当時は丸の内初のオフィスビルとして誕生し、それに続いて次々とレンガ造建築が建ち並び、その街並みは「一丁ロンドン」と称されたそうで

約230万個のレンガを積み上げ、細部に至るまで出来る限り当時の姿を再現したという「三菱一号館」、必見です

097

三菱一号館 美術館」としてオープンするのは2010年の春ですが、今週9月3日(木)【~2010年1月11日(月・祝)】から「一丁倫敦と丸の内スタイル」という「三菱一号館&丸の内パークビル 竣工記念展」が開催されます

記念展では丸の内の建築と歴史、復元の記録写真展「一号館アルバム」 が見られます。

写真展では、写真家 梅佳代・ホンマタカシ・神谷俊美 の、それぞれが切りとる「三菱一号館」が見られるそうです おもしろそう

097jpg

三菱一号館」の後ろにそびえたつ建物は商業&オフィスビルの「丸の内パークビル」。

こちらの商業部分も9月3日(木)にオープンで、オープニングイベントには中村獅童さんが明治時代の装いで登場とか

『タイルの本』には、三菱一号館カフェやチケット売り場、展示室などの見どころがもりだくさんにレポートしてあります

その一部をご紹介すると・・・

歪みが味わいカフェの窓ガラスは、旧・新丸ビルのガラスがはめ直されたもの

チケット売り場では、レンガ造を体感できるように壁仕上げはしてありません。

一号館とパークビルの間にある庭園「一号館広場」は、バラ好きだったというJ・コンドルにちなんで、数種類のバラが。。。

この機会に、『タイルの本』三菱一号館の記事を読み直して、実際に見に行かれては??

夜のライトアップも綺麗ですよ

097_2

本日のブログ:09年7月号『タイルの本』「TILES&BRICKS SCENE 丸の内に明治の風が吹く―復元された赤レンガ建築「三菱一号館」 より抜粋・引用

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
※『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
※当ブログは発行元の了承を得て運営しています。
2009 タイルの本編集室㈱ printed in Japan。

|

« vol.26 節水便器のグローバルスタンダードは?~『タイルの本』09年7月 | トップページ | 月9ドラマ『ブザー・ビート』のタイルがスゴイ!! »

タイルのある風景」カテゴリの記事

コメント

もうすぐオープンですか!
待ち遠しいですね(o^-^o)
お写真をみていると、復元された三菱一号館と前を走る自動車、そして後ろの高層ビルが、なにか合成写真のようで、本物をみるまで本当にある景色なのか信じられない気がします!

ますます、見るのが楽しみです

投稿: まちびと2 | 2009年8月31日 (月) 23時04分

ほんとうに!
ふしぎな光景ですよね
元々は銀行の営業室だったという天井の高いカフェや、ショップも3日(今日ですね)にオープンするそうです。
カフェ、行ってみたいですよね
ショップにはどんなモノが並んでいるんでしょう・・・

投稿: マナ | 2009年9月 3日 (木) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.27 もうすぐオープン!三菱一号館~『タイルの本』09年7月号:

« vol.26 節水便器のグローバルスタンダードは?~『タイルの本』09年7月 | トップページ | 月9ドラマ『ブザー・ビート』のタイルがスゴイ!! »