« vol.29 新しいタイルの魅力~『タイルの本』2010年1月号より | トップページ | "TILES タイルの本"2010年6月号/表紙にまつわるエトセトラ »

2010年2月 2日 (火)

vol.30 タイルの国際展示会・チェルサイエ~『タイルの本』2010年1月号から

昨年9/29~10/3まで、イタリア・ボローニャで開催されたタイルの国際展示会「チェルサイエ2009」

『タイルの本』2010年1月号では、㈱INAX・田中氏の「チェルサイエ2009レポート」を展示会の写真付・カラー1ページでご紹介しています

そのなかから、チェルサイエ2009のポイントを3つ、ご紹介します

リサイクル・アピール

エコ、省エネ、グリーン、サステナブル・・・などなど、昨今の世界のキーワードはタイルの世界でも重要なもの。

昨年までは見られなかったリサイクルアピールが、チェルサイエ2009でも一気に増加していたとのことです

リアルストーンとリアルウッド

インクジェットの技術で、まるで本物の木や石のような意匠のタイルが登場していますが、昨年の展示会では、その「リアルさ」がさらに追求された製品がたくさん登場していたようす

中でも、田中氏の注目ポイントは「石と木の組合せ」。

ほんもの同士だと難しいことも、タイル同士ならカンタンにできるのが魅力。

タイルの世界の「カニかま」みたいなものでしょうか。でも、本当にタイルとわからないくらいの質なので、スーパーカニかま。。。かな

布質感

田中氏が「リアルストーンとリアルウッドに続く素材系デザインとして注目」するのが布質感のタイル。

ひとくちに「布質感」と言っても、いろいろな種類の布がありますが、レース編みみたいな繊細な表現も増え始めていたとか

ガーリーですね。

日本のタイルはマンションなどの外装で需要が伸びてきましたが、ここにきて新築物件の大幅ダウンにより、外装需要はなかなか難しい・・・

なんとか内装、水回りにタイルのあった風景をもう一度・・・

ということで、「水回り空間」(バス、キッチンなど)の主役・女性の心をつかむようなタイルが増えてくるといいかもです

☆.。・。.★.。・☆・。.★.。・☆・。.★.。・☆
『タイルの本』は書店では販売していません。
発行元へ直接お申し込みください。(当ブログ執筆者へメールも可)
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29こくほ21・5F
電話03(5225)6863 FAX03(5225)6477
「タイルの本編集室」
※定価400円(税込・送料別) 年間購読料4,800円(税込・送料込*年間購読がお得です!!)
2010 タイルの本編集室㈱ printed in Japan。

|

« vol.29 新しいタイルの魅力~『タイルの本』2010年1月号より | トップページ | "TILES タイルの本"2010年6月号/表紙にまつわるエトセトラ »

特集~イベント編」カテゴリの記事

コメント

さすがイタリア!
タイルの祭典チェルサイエというのはすごいです
タイルの熱気を感じに、ぜひ一度行ってみたいですね。

投稿: まちびと2 | 2010年3月10日 (水) 22時34分

チェルサイエ、行ってみたいですよね〜
イタリアにかぎらず、ヨーロッパはタイル見物たのしそう・・・

投稿: マナ | 2010年3月15日 (月) 21時25分

始めまして
タイルの本発刊以来 読まさしてもっらってます
だんだん良く鳴る法華の太鼓ですね 充実してます
これからも世界を観点に記事を書いてください

投稿: 川タ煉 | 2010年4月15日 (木) 08時56分

川タ煉様、コメントありがとうございます。
ブログのほうは更新が滞っており、
おはずかしいですが
どうぞこれからも本誌のご愛読をよろしくお願いいたします!

投稿: マナ | 2010年4月15日 (木) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.30 タイルの国際展示会・チェルサイエ~『タイルの本』2010年1月号から:

« vol.29 新しいタイルの魅力~『タイルの本』2010年1月号より | トップページ | "TILES タイルの本"2010年6月号/表紙にまつわるエトセトラ »